活動報告


2020年07月18日 交流会報告


【講話のテーマ】

京都大学大学院研究科付属脳機能総合研究センター:石井 徹先生による

「行動の裏側にあるもの~レビー小体病と共に歩む~」

 

・事前に聴取していた質問内容をもとに講話が構成されていたので、色々な実例の共有をしながら、病気の知識を学ぶことができ、また理解もしやすかったと思います。 

 

 ・初めての試みとしてオンラインでの交流会を開催しました。

運営スタッフもZoomに不慣れで、パソコンの小さなカメラに視線を向けて話す違和感等もありました。

ただ、コロナウイルス感染のリスクなく、移動する事もなく、気軽に参加できるということから、いつもは参加したくてもできない方がご参加戴けるなどのメリットもありました。反面、対面交流会とは異なり、家族介護者や当事者の個々の悩みや心配事に対応する事が難しいという面もありました。

今後は、メリットを活かしデメリットをどのように改善すれば良いかを検討していきたいと思います。

 

 

 


お申込み・お問い合わせは、

レビー小体型認知症サポートネットワーク京都

ファックス 075-468-8424(DLBSN 京都)

メール dlbsn.kyoto.2017@gmail.com

電 話 090-1248-7890(DLBSN 京都代表:布施)